サービス紹介

  1. トップ
  2. サービス紹介
  3. シロアリ駆除

シロアリ駆除について

シロアリは大切なマイホームを倒壊の危機に陥れるといっても過言ではありません。気づかないうちに被害が進んでいる場合がありますので注意が必要です。
羽アリを見かけたり、7mm程度の昆虫の羽が落ちていた場合は既に数年前からシロアリが巣作りをしていた可能性があります。
まずは予防が大切ですが、既に柱などに食害が発生している場合はすぐにご相談ください。
シロアリの種別(イエシロアリ、ヤマトシロアリ、アメリカカンザイシロアリ等)ごとに施工方法が異なりますので、調査の段階でシロアリの種別を特定し、建物や周辺環境に応じた施工をおこないます。
また、シロアリ駆除の施工後5年間保証と無料の定期点検がセットになっているのが当店の特徴です。(カンザイシロアリは保証対象外)

弊社のシロアリ駆除施工方法は2タイプ 薬剤散布をみる ベイト工法をみる

・直接薬剤散布による即効性が期待できます。
・ベイト工法との組み合わせも可能。
・予防散布でシロアリを寄せ付けません。

・化学物質に弱い方、ペットがいるご家庭に最適。
・薬剤を散布しないので臭いがありません。
・巣の根絶が可能です。

シロアリ駆除は安心の5年間保証付きです!

弊社でシロアリ駆除をおこなっていただきますと、駆除後5年間の保証と、保証期間内に無料の定期点検がセットで付いております。

保証の詳しい内容はこちら

羽アリを見つけたら要注意!!すぐにお電話を! ネットでお問合せはこちら

アメリカカンザイシロアリの駆除にも対応しております
乾燥した木材を食い荒らすアメリカカンザイシロアリ!

アメリカカンザイシロアリは、ここ数十年の間に米国からの建材や家具に混入して日本へ入ってきたといわれています。
乾燥した木材を好みますので、天井裏や床下、家具など、あらゆる箇所に被害が発見されています。完全駆除をおこなうにはイエシロアリとは異なる知識と経験が必要となります。他社様施工後に駆除しきれていなかったということで弊社にご依頼いただくこともあります。

アメリカカンザイシロアリの施工事例はこちら

薬剤散布施工の流れ

シロアリ駆除の流れ
お見積もりご訪問~現況調査~施工日決定

被害状況をヒアリングさせていただき、ご希望の駆除方法について打ち合わせさせていただきます。その後、プロの目で実際の被害状況を確認させていただきます。
お見積もりを計算しまして、ご納得いただけましたら施工日を決定いたします。
もちろん、調査・お見積もりともに無料です。

施工日当日~床下へ入る準備

床下収納の扉より入るため、扉を開けます。(床下収納庫が無い場合1階和室の畳を上げ床板を切ります。)
そして、床を汚したり傷つけたりしないよう専用シートにて養生をおこない、しろあり防除士の資格を持った作業員が床下へ入ります。

シロアリ駆除開始~床下点検
床下収納が無い場合には・・

床下収納庫がない場合には和室の畳を上げて床板を外し、そこから床下へ入ります。

シロアリ駆除開始~床下点検

和室も無い場合は、丸ノコで床に穴を開けます。開けた穴は床下収納や床下点検口として新たに扉を付けます。弊社ではリフォームも長年の実績がありますので、このような工事も得意としております。

穿孔~薬剤注入

床束・土台・大引など床下の床組に約8mmのピットで穿孔します。そして穿孔した穴から薬剤(木部用防腐防蟻剤)を注入します。

シロアリ駆除~薬剤注入
土壌処理

床下の土、又はコンクリートに土壌処理を行います。

シロアリ駆除~床下処理
その他の場所

食害のある部分や・場合によっては浴室の入口・壁の中・トイレ入口・壁の中・玄関入口・土間などに穿孔し薬剤を注入・散布します。 

木栓・土間補修

作業のために穿孔した穴を補修します。

片付け

片付けをおこない完了です。

※ご紹介した施工手順は一般的な流れとなります。建物の構造や被害状況により手順は変わる場合があります。

シロアリ駆除に関するよくあるご質問

ベイト工法の流れ

ベイト工法とは?

ベイト工法は従来の薬剤を散布する工法ではなく、特殊な容器を地中に埋め、シロアリの習性を利用して巣ごと退治する画期的なシロアリ駆除システムです。また、駆除目的ではなくシロアリの発生を確かめるために予防的に設置するということも可能です。

シロアリ駆除ベイト工法
シロアリ駆除ベイト工法の利点
薬剤を散布しませんので化学物質に弱い方など薬剤に抵抗がある方に最適です。また、人やペットには影響のない薬剤を使用しますので犬や猫を飼われている方には最適です。
シロアリ駆除ベイト工法の弱点
習性的にイエシロアリには効果絶大ですが、一般的なヤマトシロアリには効果が出にくく全体を駆除するのは難しいと思われます。
建物周辺の調査をおこないます

建物の外周を詳細に調査します。特にシロアリが発生しそうな箇所を入念にチェックします。

ベイトステーションの設置位置と数の決定

使用するベイトステーションの数・位置を決めます。
設置場所の決定についてはより効果の高い位置が重要となってきますが、シロアリの生態を熟知した長年の経験による確かな知識が必要となります。

シロアリ駆除~ベイト設置
ステーション設置準備

ステーションを埋めるための穴を掘ります。

シロアリ駆除~ベイト設置準備
ステーション設置およびその後の定期調査

ステーションを埋めます。
中には餌木が入っているのでシロアリが周辺に発生していた場合、蟻道を作り中の木を食害します。

定期的に調査・点検を行いシロアリの発生が認められた場合は餌木をベイト剤(毒餌剤)に交換し駆除を行います。

駆除に切り替わってからも定期的に調査・点検・毒餌交換を行います。

シロアリ駆除~ベイト設置後の定期検査

シロアリ駆除に関するよくあるご質問